正規雇用

私は埼玉県に住む準専業主婦です。パートに出ているので「準」をつけていています。

 今日から子供たちが夏休みです。

この1か月くらいのあいだ、パートの仕事が忙しく、体調も悪くなってきて不安な期間を過ごしてきました。やっと回復してきました。

春先の健康診断では何でもなかったのですが…。

 

友人が、保育園に努めていて、最初は、パートから始めたのですが、7月から職員に、つまり正規雇用になりました。

その人は短大を出た後すぐに保母として働いていたのですが、結婚・出産を機に一時期、専業主婦をしていた人です。子がある程度大きくなってパートで再び保母の仕事を始めて、その仕事ぶりが高く評価されて、保育園の方から「職員になってほしい」と言われたのです。すごいなあ、と思います。子供が好きというはあるだろうけれど、家庭と仕事の両立がきちんとできている。ご主人の協力もあるのだろうけれど、会って話をしても、生き生きしています。

私は学校(一応、大学)を出た後、商社で営業事務をしていたのですけれども持っている資格なんて簿記の2級くらいのものです。今は錆びついて使い物にはならないけれども、もう一度ちゃんとした仕事をしたい、と彼女を見て感じるようになってきました。

今のパートの仕事をけなしているつもりはないのですよ。店舗での販売も、いろいろなお客さんと接し、時にはもまれ、苦労するけれども、やりがいのある仕事だと思います。しかし、正社員ではないので、賃金の面でも「家計補助」的なものですし、スキルアップも特に考えなくてもいい。慣れていくだけです。

少し考えてみます。ダンナにも相談してみます。

 マンションの下に住んでいる子がピアノを買ってもらったそうです

お母さんに話を聞くと、中古でいいのがあるということでした。結構、中古ピアノって多いらしいです。おぼつかないピアノが聞こえてきて可愛らしいです。どんどんうまくなっていくのだろうな。

私も頑張ろう!

安全パトロール

私は埼玉県に住む準専業主婦です。パートに出ているので「準」をつけいています。

中2の男子、小5の女子、主人の4人家族です。

 

この間、下の子の学校の校外活動について集まりがありました。最近はこの辺も変質者(?)なのか「声掛け」の事案が結構あるそうです。

そこで安全パトロールを、特別チームを作ってやっていこう、ということになりました。もともと安全パトロールはやっていたのですが、期間を限定して、強化してやっていく、ということです。

数人のメンバーが新たに加わり活動することとなりました。

学校の周辺とか通学路、あとは小学生がよくいきそうなところ(たとえば、駅の周辺の本屋さんとかコンビニ)などを見て回ることになりました。

 

ママ友と話をしていた時に、その人は川越に実家があるんですが、実家をを建て替えることにしたのだそうです。

子供の頃使っていたピアノが置いてあり、今は誰も使っていないので、ママ友に「いらないか」と聞いてきたそうなのですが、置くところもないし、結局売ることにしたそうです。

子供の頃に使っていたピアノだったので少しさみしい気持ちもしたらいしいのですが、「仕様がない」とあきらめたそうです。

「海外へ売られていくみたい」と言っていました。

日本の中古の電車の車両が東南アジアで使われている話を聞いたことがありますが、ピアノもそうなのですね。

今度はどんな人が、そのピアノを弾くのでしょうか。

内気のうちはまだいいけれど

この間、近所の友達と井戸端会議(表現が古いかな?)をしているときに「不登校」の話が出ました。息子(中2)のクラスにも1人、不登校児がいます。不登校といっても家からはでてお母さんと一緒に買い物には行っているのです。

たまにあったときなど「こんにちは」というとちゃんと頭を下げて返事を返してくれます。いい子なのです。でも学校にはなじめないようで中2の1学期の中くらいから言っていないそうです。

お母さんもさばさばした感じの人で「中学出た後は、通信制の高校もあるしね」などといっています。

確かに決められたレールの上を歩く必要はないと思います。その子が、将来ちゃんと自立して自分で生活ができるようになったら良いのです。と考えますが、もし自分の子供が不登校になったら私はあのお母さんのように大きな視座で温かい目で自分の子を見守ってあげることができるのだろうか、少し自信がないです。

上の子はのんびりしたタイプなのですが、下の女の子が緊張しやすいタイプで、「人前で話のが嫌」とか言っているので少々心配です。

いま、「引きこもり」が社会問題となっています。

長期化と高齢化です。40歳以上の「引きこもり」の数がその地域の「引きこもり」の総数の半数近くを占めた例もあるそうです。

引きこもりのきっかけは、「挫折」とか「不適合」だそうです。人と交わるのが苦手とかあがり症などを原因として、就職に失敗したり、退職して、それ以降社会に出ていけなくなったという例が多いようです。

経済的な自立は難しい、結婚はしないという状況が1オ年20年と続きます。親も高齢化していきます。中には親の年金に頼って生活するしかない人もいます。

本人も親も大変ですが、地域や国にとっても大きな損失であり心配事だと思います。

娘の内気な性格が少々心配です。あがり症なのかもしれません。学級会での発表の時など「緊張する」といっていました。

内気のうちはいいけれども上がり症にはならないように見守っていきたいと思います。

中間試験

私は、40歳の専業主婦です。専業といっても、パートに出ていますので正確には「準専業」といったところです。育児もまだまだこれから続きますが、頑張っていきましょう(*^^)v!!

育児と言いました、上が中2したが小5ですから、子育てと言った方がいいですね。

中二の長男は、中間試験がちかいということで、この週末はほとんど家から出ずに机に向かっていました。公立の中学校ですが、1年生のときから塾に行っています。塾代も結構しますよね。

この間、息子の小学生の時の同級生のお母さんと話をしました。その同級生は、私立の中学校へ進んだのですが、周りができる子ばかりで大変だと言っていました。

小学生のときは、クラスでも1番2番くらいで勉強のできる子だったけど、中学ではそう簡単にはいかないそうです。

また、塾に入っていないとも言っていました。なぜなら、学校に塾みたいな機能があるので、課題が結構あり補講とかもあって、さらにそこに部活も入ってくるのでかなり忙しいという話です。塾に行っている暇がない、という感じだそうです。

確かに私の住んでいる団地でも、土曜日に制服姿の中高生をよく見かけるし。

ところで、昨日の夕方、息子がおならをして、近くにいた私と娘はその臭さに大騒ぎでした。娘は結構怒ってもいました「臭いおならはやめて」などと言っていましたが、本人も臭いおならをしようと思ってしているわけではないでしょう。

調べてみると、やはり腸内環境が悪いとおならが臭くなったり便秘になったりするようです。

息子に聞いてみると、便秘はしていない、ということでしたが、おならがよく出る、と言っていました。

勉強のストレスもあるのでしょう。ストレスがたまると、空気を飲み込んでしまうことがよくあるようです。

私としては、食事の内容に気を付けてあげたいと思います。

眠るサプリメントの効果

私は、40歳の専業主婦です。パートに出ていますので正確には「準専業」でしょうか。子供は上が中2の男子、下が小5の女子です。

子育てはこれからも続きますが、頑張っていきましょう(*^^)v!!

 

前回、熟睡するサプリメントの話を書きました。

夫が会社の仕事の影響もあり、「よく眠れない」というので、人から聞いたよく眠れるサプリを飲み始めた、という内容でした。

飲み始めて3週間以上がたって、効果のほどはどうかというと、よく眠れるというのが主人の結論です。

睡眠薬みたいに(とはいっても飲んだことありませんが)、すとんと眠りにつけるというのもではないそうで、何日か継続して初めて効果が現れるようです。

「夢をあまり見なくなった」といっていましたので、眠りが深いのでしょうね。

私も飲んでみようかなと考えています。年のせいか、朝起きても疲れが抜けていないような気がします。

 

この間、バスに乗っているとき、結構混んでいたのですけど、高齢のおじいちゃんですが体臭がすごいのです。何日もお風呂に入っていないようなにおいでした。

これから暑い季節がやってきますが、体臭や口臭には気を付けたいですね。主人も課長になったことだし、会社で、ニオイで嫌われても困るから、きちんとケアをしてあげようと思います。これも主婦の務めですね。

調べてみると結構良いものがあるみたいです。臭いだけではなくて、体調管理にも有効な気がします。

熟睡するには?

私は、40歳の専業主婦です。専業といっても、パートに出ていますので正確には「準専業」といったところです。育児もまだまだこれから続きますが、頑張っていきましょう(*^^)v!!

 

子供がこの4月に上の男の子が中2、下の女の子が小5になりました。学校が始まってもうすぐ1か月がたとうとしていますが、問題なくなじんでいるようです。

息子は、後輩が入ってきてなんだかうれしそうです。「先輩」と呼ばれるのがいいみたいです。

娘も「高学年」になってお姉さんを気取っていて、毎朝、近所の後輩の子を先導して学校に通っています。

 

主人は、この春の異動で係長から課長になって喜んでいます。でも仕事もふえたのか、前よりも帰りが遅くなりがちです。そんなに大きくない会社で、居心地もいいみたいなのですが、部下が増えて(年上の人もいるみたいです)上と下からあれこれ言われることが多くなったみたいです。

 

そのせいもあるのでしょうが、もうはや、寝付きが悪くなっているみたい。プレッシャーに弱いのは昔からなんだけれども、少し心配です。とはいっても、主人も私もどちらかといえば「明日には明日の風が吹く」というタイプで少々楽天的です。

 

まあ、気休めにと思って、熟睡できるサプリメントを買ってあげました。まだ使い始めたばかりですが、「よく眠れたような気がする」などと言っていました。思い込みがそうさせているのでしょうか。

なんだか単純で扱いやすいです。

効果のほどはまたレポートしますね。

春うらら、腰がつらいこの頃

私は、40歳の専業主婦です。専業といっても、パートに出ていますので正確には「準専業」といったところです。埼玉県の東京寄りに住んでいます。夫は同い年の会社員(同じ学校でした)、息子(中学生1年生、もうすぐ2年生)、娘(小学4年、来週から5年生)の2人の子供がいます。

だんだん春らしくなってきましたね。この間の日曜日に家族と友人一家で近くの公園で半身をしながらランチをしました。

少し肌寒かったけれども、楽しい時間を過ごすことができました。

友達の長女が今年高校受験で、志望校に見事に受かったということで話に花が咲きました。

みんな通る道ですけれども、にこにこと笑う新高校生の笑顔を見ているとこちらも新しい生活が始まるような気がして明るい気持ちになりました。

ところで、このところパートの仕事が忙しくなってきました。机に向かう時間が多くなって、あまりなれないパソコンの入力作業を行っています。姿勢が悪いせいか腰がつらいのです。

家では、家事をしていますので、台所に向かっているとやっぱり前かがみになりがちで腰に負担がかかってしまいます。

今までやってきたことなのになんだか歳を感じてしまいます。

主人も会社で事務系の仕事をしていますが、腰の負担をかけないために、椅子に置くシートを使っています。結構調子がいいそうです。

私パート先で使ってみようかなと思う頃頃です。

春休みは、子供たちは講習会に行っています。

私が中学生だったころには、講習会といえば昼間だったのですが、最近のの塾は、夜に講習会をすのですね。帰ってくる時間が9時を回ります。

軽い夜食作ったりしていますが、子供も大変ですね。